ステップを知っておきましょう

小論文を書くような時にはステップを明確にしておくことが大切となってきます。きちんとした流れを踏む事で小論文を書く時間も短縮され、スムーズになります。

書くときのステップ

作文用紙

構成を考える

小論文をスムーズに書くために大切となるのが、出題された問題を良く理解して文章の構成を考えていくということです。問題を読む時には、文字数といったルールをきちんと確認しておきましょう。自分の考えを順序立てて固めていき、その構成をメモしましょう。それぞれどのような事を書くということまで決めておくことが望ましいです。

構成を元に書いていく

構成を決めることができたら、文章を作成していきましょう。文書を作成していくような時には、その段落の目的をきちんと意識しながら、内容がそれてしまわないように気を付ける事がポイントとなります。段落と段落がスムーズにつながるかということも大切です。

最終確認をする

小論文を書き終えることができ、時間に余裕がある場合には見直しを行いましょう。文章を書いているような時には思わぬ誤字が発生していることも多くあるものです。漢字の誤りなどが無いかといった確認まですることができたら良いでしょう。

広告募集中